←prev entry Top next entry→
法曽第一回炎の祭り
法曾縄文野焼き
10月21日、炎の祭実行委員会(法曽焼同好会・たたら工房・猪風来美術館)会長の三上逸正さんから案内をいただき「縄文焼き祭り」「猪祭」「法曽焼火入れ式典」「野外ステージイベント」を拝見。
 法曽小学校の跡地利用を北海道からこの地で活躍してもらうために招聘した猪風来さんが大活躍。あれよあれよという間に地域を挙げての取り組みとなり、あの幻の法曽焼の復興を成し遂げようとしている。猪風来さんの縄文焼と法曽焼のコラボレーションが現実化。備中県民局新見支局長の稲本氏が「この地には4つの誇れる品がある。一つはベンガラ、備中漆、備前刀、そして法曽焼」まさにそのとおりだ。
| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | trackbacks(1) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://seijian.jugem.cc/trackback/346
2007/10/23 8:14 AM posted by: 美容院
美容院