リーダーを選ぶポイント

リーダーを選ぶ際に見るポイントを社会生態学者のドラッカーは次のように述べています。
第一に、その人が何をしてきたか、何がその人の強みかを見る。
たいていの有権者は、候補者の弱みに注意を払いすぎている。
何が得意かをあまり見ない。
まず見るべき点は、強みである。
成果をあげるのは強みによってである。
したがって、その人が自らの強みを活かして何をしてきたかを見なければならない。
リーダーを選ぶポイント
1.強みは何か。強みを生かして何をしてきたか?
2.いま、自治体に必要なことと強みがマッチするか?
3.真摯さを備えているか?

 ・人の言うことを聞く能力があるか・その姿勢があるか?
 ・人に考えを伝える能力・姿勢があるか?
 ・上手くいかない時に、「間違った、やり直そう」と言えるか?
 ・自分の成果よりチームとしての成果を考えられるか?

大きくは3つですが、3つ目の「真摯さ」についは、ドラッカーが「リーダーの基本的能力」と書いています。リーダーは能力に優れているだけではなく、「真摯」であることが大前提となる。「真摯」ではないリーダーがいる組織は、組織として「真摯」であること、あり続けることは不可能だ。
では、リーダーたる人の「真摯さ」、組織の「真摯さ」を誰が判断するのかというと、それは社会が判断する。そして、その判断はソーシャルネットワークの発達に伴って、より高度でスピーディーな判断を下すようになってきている。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
 岩崎夏海の小説『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(通称『もしドラ』)は、高校の野球部の女子マネージャーが、偶然に入手したドラッカーの『マネジメント』の内容を、部の改革に活かす内容で、日本でのドラッカーのブームに一役買った。その著書が2010年3月17日放送のNHKクローズアップ現代『よみがえる“経営の神様”ドラッカー』(出演:上田惇生、糸井重里)で紹介された時に、ドラッカーブームに火がついた。NHK総合テレビジョンでアニメ化(2011年4月)、映画化(同年6月)もされている。
 また、コピアポ鉱山落盤事故に遭遇した作業員たちのリーダーであるルイス・アルベルト・ウルスアは、ドラッカーの愛読者である。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(1909年11月19日 〜2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。
他人からは未来学者と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。

| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
光陰矢のごとし

あと2日でSeptemberも終わり。9月はズート雨模様のような気がします。

今日は第11回新見市畜産共進会。会場で船越さんに出会った、ご無沙汰を詫び世間話に会話が運び上熊谷で和牛放牧の話題へ転換。

疲弊する中山間の切り札と考えてる小生にとれば「渡りに舟」早速、現地見学を申し込んだ。

| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
再投稿です。

いよいよ明日から9月。

 

新見市議会9月定例会の開会です。

3年ぶりにブログの更新ですが、休止時間が長かったため閲覧に訪れてくれる方があるかないか…。

マー! 自分の公開日記として綴ってみたいと思っています。

 

とりあえずは、明日からの議会への対応ですが条例及び改正6件の調査がまだ半分。

これを急いで調べること。

決算審査はとりあえず一般会計のみがやっとの段階。(フー!)

 

友達の紹介で英会話教室に行き始めたら異業種の新たな友人ができてなかなかおもしろいです。

すっかりはまっちゃって楽しく学ばせて?(遊んでかも)もらっています…が、スキルは全然上達しません。

感覚で覚えるには加齢が邪魔してるようです。

 

でも、異文化に触れると更なる発見があり、好奇心は旺盛。

楽しみな教室です。

| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
千屋成地ぼたん祭
s-habaDSC06085.jpg中国信陽市から新見市に贈られてきた100種2000株の牡丹が今年も美事に咲き、今、見頃です。地元成地の若連+振興協議会+婦人会で千屋成地ぼたん祭りが賑やかに開催。あいにくの雨模様だが牡丹の色は冴えに冴え、美事と言う他はありません。あんこ餅に、ヨモギもち、そして鯖寿司、煮詰めを買って帰りました。酒の肴になかなかいけますよ。
| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
平成25年度 哲多ふれあい農園総会
s-habaDSC06078.jpg旧哲多町時代の平成5年に開設した民間団体活動の貸し農園(畑)です。あれから20年間が過ぎようとしていますがしっかりと定着し、県南からそして新見市街地から畑圃場を求めて現在も十数名の耕作者があります。今日はその管理組合の総会です。初年度からここに契約をされたsさんは倉敷市水島から2時間かけて耕作管理に毎週来られます、野菜作り従事者の超ベテランで何でも作られます。…が、20年前とは違って昨今は猿害に悩んでいます。1人で耕作中に猿の群れに囲まれると「鳥肌が立つほど恐怖を感じる」と深刻な状況です。対策としては貸し農園周辺ぐるりを電気柵で囲い込むより仕方ないのか…。なんか対策を考えなくては。
| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
結婚披露宴の大盛り上がり
s-haba040.jpgごく親しい友人のご長男が結婚されました。披露の席はやんややんやの大盛り上がり。今時の人たちはどこまでもフランクで歌が上手くて盛り上げ方も決まっている。大黒様の幸せの種、しょしゃが上手い!!口上がもしっかり堂々と。
新郎新婦が相好を崩して泣き笑い。…でもフィナーレは、美事でした。
新郎・新婦が父母に「両親の背中を見て、それを乗り越えようと努力し、人生山あり谷ありの中、ファミリーの揺るがぬ絆と幸せを築いてゆきます」と、感謝の言葉。
| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
遅々として進まず。
 ゴールデンウイークも「アッ」という間に終わり、残ったのは疲労感だけ…。課題山積だが、あれもこれもと手をつけては放っておいたツケが廻ってきた感。こんな時には、焦らず、慌てず、落胆せず、一つ一つを丁寧に解消していけば良いのだが…。まずは、「明日やろーっ」と叫ぶことかな?
| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |
テスト2
rps20130421_165211_396.jpg
テスト2
| せいじあん | 羽場純三報告 | comments(0) | - |