節目
 今年一年間に二人の娘が結婚した。彼女らの結婚式に必要な成長アルバムを整理していたらその時代ごとにあった出来事を思い出し、35歳からの25年間が走馬灯のように駆け巡る。初めて子供たちを飛行機に乗せて東京ディズニーランドへ行った思い出(写真が出てきた)。その帰り岡山空港へ降り立ったとき車のキーがないのに初めて気がついて大慌てしたことなどなど、子供はとともに過ごした月日の中にはいろいろな人生の節目があった。そしていよいよ気に入ったパートナーを見つけ親元からの巣立ち子供の親離れ、そして親の子離れの節目が平成22年であった。
そして、無性にかわいい初孫の誕生。生命の連鎖はまだまだ続くのか…。
| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | - |
哲西きらめき広場で有楽流煎茶[早月の席」
有楽流煎茶席5月30日(日)9:30から哲西町きらめき広場和室で有楽流煎茶[早月の席」が催されます。私も煎茶の稽古をここ数年やってきましたが、なかなか作法、仕儀が幾多にも分かれ習得できません。でもまーなんとか作法の形だけは出来るようになったのかな…。
しかし、煎茶、それも極上玉露を3煎いただくと香り、うまみ、渋みがほどよく出されお味は名状しがたいおいしさです。
| せいじあん | 静而庵だより | comments(3) | - |
議員報酬に能力給を導入
熊本県球磨郡五木村議会

熊本県球磨郡五木村議会が議員報酬能力給を導入決定

西日本新聞朝刊の記事を読んで…。

五木村議会・能力給導入可決 全国初の試み 注目 なお課題残る

 五木村議会(定数10)で、議員報酬に全国で初めて能力給を導入する ことが決まった。しかし、議員を評価する評価委員をどう選考するのか、個々の議員の評価結果を公表するのかなど課題も残っており、期待と不安が交錯する。 国営川辺川ダム計画に翻弄(ほんろう)されてきた村の再建に役立つ活発な議会活動につながるのか‐。前例のない「実験」に注目が集まる。18日の定例議会最終本会議。能力給導入を図る議員報酬条例改正案の討論に入ると、議場の雰囲気は一気に緊張感に包まれた。反対派の議員 が口火を切り「民間会社ならば評価しやすいが、議員活動にはなじまない。議員は選挙で評価されるべきだ」と討論。
 これに対し、賛成派の議員が「能力給の評価委員には村民が入るし、村民が常に見ているという意識が、議会の雰囲気をガラリと変える」と応酬した。
 賛否それぞれの立場で2人ずつ討 論。起立投票の結果、議長を除く9人のうち賛成5、反対4の小差で可決となった。その瞬間、議場内に小さなどよめきが起きた。
 能力給につ いて、同村議会は昨年12月の全員協議会で導入を申し合わせ、計4回の議論で概要をまとめた。ただ、その過程で浮上した課題は少なくない。まず、「5人以内」とする評価委員をどう選定するかだ。現時点では「村民とする」ことを申し合わせているが「なり手を探すのは難しい」(田山淳士議長)状 況。村民の間では「村外の有識者の登用が必要だ」という声も上がっている。また、評価委員会は個々の議員の活動実績を「優秀」「良好」 「普通」の3段階で評価するが、その結果を公表するかどうか決まっていない。
 田山議長は「議員のプライドもあるから」として、議員一人一人の評価結果は表 に出さず、3段階の評価別人数だけを公表したい考えだ。
 前原誠司国土交通相が昨年9月に川辺川ダム建設中止を表明後も将来の地域づくりが 不透明な状態が続く中、村議会が果たすべき役割は決して小さくない。しかし、この日の傍聴席には報道関係者などのほかに一般村民の姿はなかった。報酬条例 改正案を議員提案した1人は「この状況を変えたい」とつぶやき議場を後にした。=2010/03/19付 西日本新聞朝刊=

 このように掲載してありました。確かに、地方議会の先鋭的な取り組みかもしれません。

 平成17年の市町村大合併で3,200あった地方自治体が1,800に統合。自治体規模を拡大し、財政基盤を確立することにより贅肉をそぎ落とした必要不可欠な行政事業遂行を目標に現在に至っている。

 一方、合併による議会はどうであろうか?確かに合併前の各自治体議員総数は64名、それを平成17年の合併後初選挙で定数24名に、そして21年の選挙では定数を22名。

ー治体分布人口、地形面積、文化で考慮すべき議員定数はどれが適正なのか?

∋堋村と呼ばれる地方自治体議員の月額報酬はどこが適正額なのか?

5聴活動の必須条件とは?

さ聴選挙という評価は?

 特に、議員活動という領域は多岐広範囲にわたり「どこまで、ここまで」と言う際限はありませんが、市民の代弁者であればそれなりの調査網と情報収集が必要ですし、法律から習慣まで例外の連続を知る必要があります。議員も万能ではないので得意、不得意の分野がどうしてもあります。

 自分に当てはめれて考えれば、議員として本当に適性を持っていなのかどうか自問自答の日々ですが、背伸びはせず、自分の持ち味で議員活動をするしかないと腹をくくっています。もし、その評価が「否」であれば選挙結果が示すものと考えています。






| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | - |
還暦同窓会
還暦同窓会
天王寺動物園で一部ショット。あと2名が行方不明…キット虎に食われたかも?幹事さんを始めお世話を下さった大阪の人たち、本当にありがとう。ホントに楽しい同窓会でした。全然遠慮がなく、屈託のない懐かしい話に花が咲き、告白タイムまで設けていただいて素晴らしい企画でした。ただただ感謝、感謝。それぞれの顔に人生を切り開いてきた自信の現れか、白いものが目立つ仲間たち、それでもやはり同級生はいい!!
| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | - |
南洲風文人華「秋の華展」
南洲風文人華
10月14・15の両日、南洲風文人華「秋の華展」が御殿町センターで開催。
ギャラリーは300年以上の伝統を持つ新見市新見木谷、船川八幡宮の御神幸武器行列(通称・大名行列)が15日にあり、お祭りの秋、芸術の秋を堪能。
| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | trackbacks(0) |
平成19年度新砥地区敬老会
新砥地区敬老会
| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | trackbacks(1) |
平成19年度新砥地区敬老会
新砥地区敬老会
| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | trackbacks(0) |
平成19年度新砥地区敬老会
新砥地区敬老会
| せいじあん | 静而庵だより | comments(0) | trackbacks(0) |